滋賀県会社案内・パンフレット制作工房

» 会社案内・パンフレットの制作を自分達で制作しても0円にはならない事実

会社の立上げ時や、長年続いている会社に多い傾向として「自分たちで制作した会社案内」というのがあります。
機械や設備の内容と住所、取引先などを箇条書きにしたものを、クリアファイルにしてひとまとめにしたものです。

それでは素っ気ないとWORDなどで背面に画像を配置したものなどもありますが、どうにも同業他社のような「しっかりとした」会社案内が作れないことも多々あるでしょう。

弊社に依頼されてくる多くの場合が、新規よりもリニューアルの割合が多いです。
会社案内ぐらいであれば、自分たちで作った方がお得だろうというのと、自分たちで作れば修正が出来るというのがあるからでしょう。

ここで自社制作と弊社への依頼制作でどれぐらい金額が変わってくるかを比較してみました。

デザインに関する費用

自社制作の場合、0円からとしたのは実際にかかる費用は0円だけれども、その間制作する担当者は業務を行えず
それでも給料は発生するので、費用はかかるということです。
払う場面が違うだけで、お金が発生するということですね。
(サービス残業ですれば、0円ですがそうなると制作意欲は著しく低いでしょう。)

弊社の場合は、一番低いデザイン制作代金のものでA3の二つ折タイプ 82,000円です。
一人の担当者が制作するとして、その一人の給与が25万円としましょう。

実働22日と計算して、単純に1日当たりのその人の給与が11,363円。
82,000円分、時間を掛けたとして約1週間強。その期間、担当者は業務に当たることが出来ません。

しかも出来上がるのは、前述した通り同業他社とは「見劣りした」ものが出来上がることが大半です。

こうなると制作会社へ依頼したほうが、結果安く良いものが出来上がったと考えられるのではないでしょうか。

金額の部分はどの会社様もシビアになる部分です。
自分たちで作ればひとまず0円だという思いもあるでしょう。

断言できますが、自分たちで作ったとしても、制作会社レベルの成果物は出来上がりません。

しかもその会社案内・パンフレットは、外部の方に営業として使用するので、更に見る目は厳しくなるでしょう。

 

デザインもそうですが、構成、写真撮影などの手間を考えたときに、本当に自社にとって一番の方法は何かを考えておくべきです。

営業先に「見てください、ウチの会社案内!」と言えるものを持って営業出来るだけで、営業マンのやる気にもつながるのではないでしょうか。

 

2017/06/25
薬剤師向け採用パンフレット製作「新卒・中途どちらにも使えるように!」から出来上がったもの。
2017/03/18
石材店のパンフレットを作るときに大切にしたお墓への想いとデザイン
2017/01/10
設備会社の会社案内製作でポイントとした3つの内容とデザイン
2016/12/15
会社案内の制作で期待される「プロの制作物」を形にすること。
2016/07/08
印象が手軽に変わる方法。パンフレットの印刷用紙の種類を変えるということ。
2016/02/02
見た時に「おっ!」と思われるものを作る時のメリット、デメリット
2015/01/26
会社概要しか思い浮かばない。そんな時こそストーリーを描いて会社案内を作ろう。