滋賀県会社案内・パンフレット制作工房

» 親しみが持てる会社案内を制作した過程を紹介します。

「親しみが持てる会社案内が欲しい」から始まった今回のご依頼

「親しみが持てる会社案内」とは何でしょうか。

それは見た人が「あ、この会社いいな」と思ってもらえることだったり、会社案内から話が弾んだりするようなものだったりします。


今回の依頼主である草津市に本社を構えるネジの山崎では上記のように、会社案内から営業活動の最初がスムーズにいけるものを必要とされていました。

そこで今回は山崎の社員様にもご協力頂き、キャラクターイラストがたっぷりの会社案内を作ることに。

その過程をご紹介します。

歴史がある会社A案と、キャラクターイラストのB案

キャラクターイラストはネジに関する工具や種類を題材とした内容で多くのイラストを書いていただきました。

ただし弊社は2案のオリジナルデザインを制作する事ができるため、一つの案には歴史を感じて頂ける会社案内を作ることに。
ボツの可能性が高いとわかりながらも、最終的に制作した案ではこのA案の構成から採用された内容もあったため、製作の意味はあったようです。

ではそのボツ案A案の作品がこちら。
A案:
[クリックすると拡大表示されます。]


キャラクターイラストをただ配置するだけではなく。

最終的に採用となったB案では、社員様に考えて書いて頂いたイラストを会社案内のナビゲーターとして登場してもらいました。

最終案:
[クリックすると拡大表示されます。]

またB案ではイラスト調だったため、通常よく使用されるコート紙ではなく、紙の質感を感じてもらえるMr.Bホワイトを使用。

より特徴的な会社案内となりました。

2017/06/25
薬剤師向け採用パンフレット製作「新卒・中途どちらにも使えるように!」から出来上がったもの。
2017/03/18
石材店のパンフレットを作るときに大切にしたお墓への想いとデザイン
2017/01/10
設備会社の会社案内製作でポイントとした3つの内容とデザイン
2016/12/15
会社案内の制作で期待される「プロの制作物」を形にすること。
2016/07/08
印象が手軽に変わる方法。パンフレットの印刷用紙の種類を変えるということ。
2016/02/02
見た時に「おっ!」と思われるものを作る時のメリット、デメリット
2015/01/26
会社概要しか思い浮かばない。そんな時こそストーリーを描いて会社案内を作ろう。