滋賀県会社案内・パンフレット制作工房

会社案内とホームページ制作は、同じ括りではない。 会社案内と一緒に申し込んでくれることの両者のメリッ
デザイン会社などが会社案内やパンフレットを制作後、その内容を元にホームページを制作することができるというのは最近では一般的となってきました。
その理由の一つにある程度のものであれば、印刷物デザインの制作技術を応用して作ることができまるからです。
依頼者にとっては、新たな業者を選ぶ手間が省ける為、「じゃあ、ホームページも」とお願いしがちです。
ただデザインという括りで見れば、同じように思えるようなホームページと印刷物デザインも中身はかなり違って、じゃあついででできる範囲では、ついでレベルのものしかできません。

ただの会社案内のホームページにならないように。 まずは会社案内とホームページでは目的達成への道が違う所を知ってもらわなければいけません。
会社案内パンフレットの多くは、営業時の手渡しや設置場所で受け取ることになります。
つまり見込み客が「欲しい!」「気になる!」と思って手を伸ばすわけです。

ホームページの場合はそうではなく、基本は会社名や商品名、もしくはキーワードで検索された方が見るわけです。つまり予備知識などや営業マンのアピールがないまま閲覧となるため、ホームページにその方が知りたい情報、もしくは見つけにくいナビゲーションなどでは情報自体の閲覧がされなくなります。また会社案内と同じ内容を書いてしまっても、同じ内容を再びホームページで見られる方はいらっしゃいません。その方はホームページに更に詳しい内容はないかと思い見られるわけですから。
同業他社や同じ製品群のホームページを見ていただいた時に同じような内容のものでは、見込み客が比較する時に選ばれにくいものとなってしまうのです

会社案内・パンフレットを一つの入口として使う。 印刷物とホームページの違いの一つに更新ができることあります。
印刷物の場合、内容を追加、変更したくても受け取った方の手元にあるものを物理的に更新することはできません。
ホームページの場合は追加、変更がきき、印刷物よりもコストが低くすみます。
またインターネットを普段使用しない人への、有効な広告ともなります。
ネット上で広告を行っても、インターネットを利用しない人にとってはその情報は手元には届きません。
そういう方に対しての広報としては、大いに役が立つのです。
ホームページと会社案内・パンフレットを一緒のツールとして使わず、見込み客によってわけることで、より良い効果が生まれると言えます。
弊社は企画から運営までサポートできる会社です。 弊社では医院から製造業、ネットショップ、まで様々なホームページの依頼を頂き、制作。
現在も運営面までお手伝いをさせていただいております。
単純に印刷物を作り、ホームページを作るのではなく、キッカケから目標達成まで一貫した制作・運営が可能なのが弊社の強みです。
会社案内・パンフレットとホームページをうまく活用されたい担当者様はぜひ一度ご相談ください。

ジャパニーズ:滋賀のホームページ制作会社[弊社運営サービス]

2017/06/25
薬剤師向け採用パンフレット製作「新卒・中途どちらにも使えるように!」から出来上がったもの。
2017/03/18
石材店のパンフレットを作るときに大切にしたお墓への想いとデザイン
2017/01/10
設備会社の会社案内製作でポイントとした3つの内容とデザイン
2016/12/15
会社案内の制作で期待される「プロの制作物」を形にすること。
2016/07/08
印象が手軽に変わる方法。パンフレットの印刷用紙の種類を変えるということ。
2016/02/02
見た時に「おっ!」と思われるものを作る時のメリット、デメリット
2015/01/26
会社概要しか思い浮かばない。そんな時こそストーリーを描いて会社案内を作ろう。