滋賀県会社案内・パンフレット制作工房

» 会社概要しか思い浮かばない。そんな時こそストーリーを描いて会社案内を作ろう。

どうしても内容が思い浮かばないとき

会社案内を制作する時、強みであったり、特徴などの部分を分かりやすくデザインすることは基本中の基本です。
ですが、いざ制作しようと思ってソフトを開いてみても、他社のデザインを参考に内容を入れ替えたものしか出来ないというのがよくある例です。

ただし会社の大きさや設備、取引先一覧などは、他社の会社案内にも書かれているため、営業先の担当者の心を掴むことはできません。
またデザインについても、どこか素人くさいものしか出来上がらないです。

数多く配布し、たまたま選ばれたとしても、それはタイミングが良かっただけでその会社案内のおかげとは言えません。
ここでポイントなのは担当者に印象付ける会社案内を作りたいけど、その内容が思い浮かばない時です。

内容が思い浮かばないなら、何かにスポットを当ててストーリーを描いてみませんか。
スーパーで売られている野菜よりも何十倍も高い野菜がヒットを生む理由にはそこに高い品質と「買いたい!」と思わせるストーリーがあるからです。
重要なのは、そのストーリーにどれだけ共感ができて、魅了できるか。
今回はストーリーを作る3つの方法をご紹介します。



ストーリーのつくり方-1-:利用者にスポットを当てる

一番想像しやすいのが、利用者目線で考える場合です。
例えば製造業の場合、依頼をするまでメーカーや元請けの発注担当者は幾つかの会社を選定することでしょう。
高品質や短納期を、書くだけではどの会社案内を見ても書いてあることです。

そこで、なぜ依頼をするのか、そして依頼の前にある背景はなんだったのか。
イメージの流れの中で自社の強み(高品質、短納期を理論的)をアピールできれば、より差別化が出来るストーリーとなるでしょう。


ストーリーのつくり方-2-:商品にスポットを当てる

今時、新しい画期的な商品というのはなかなか生まれません。
現状既にある商品グループに対して、何らかの強みがある商品が開発されるものです。
(品質は同じだけど金額が安かったり、新しい機能が追加されていたり等)

従来の商品より明確とした強みがある場合は、まずその点にスポットを当てましょう。
インターネットで情報を調べていくと、どうしても比較したい内容が混乱してしまいどれも同じ内容に見える。ことがあります。

その時に従来の製品とは、何が違うか、何が特徴的なのかをわかりやすくアピールすることが出来れば、「Aという商品は◎◎が良いんだな。」と特徴づけることができます。

商品にスポットを当てる場合は開発者に話を聞いてみることも大切です。
なぜならその商品に一番長い時間接して、他の商品に関しても比較・研究をしているのは開発者だからです。

営業マンが思い浮かばないことも、開発者なら当然のこととして話してくれるでしょう。



ストーリーのつくり方-3-:内部の人にスポットを当てる

会社のサービス、商品に関してもどうしても強いアピールできるものがない。

そういう時は内部のスタッフにスポットを当てるべきです。
芸能人でもなければ、有名な賞を取ったわけでもない方になぜスポットを当てるのか。

理由の一つは共感が得やすいからです。

就職活動中の学生が、採用パンフレットを見た時、人事担当者の言葉よりも新卒1年目の先輩の言葉の方が聞きたいと思いませんか。
高品質、短納期、低コストをただ文字だけで書いている会社案内よりも、長年働くAさんだから語られる自社の【高品質、短納期、低コスト】の証言の方が聞きたいと思いませんか。

ストーリー2にも書いたように、営業マンよりも開発者の方が商品・商品の背景に詳しいのです。
会社についても当然外部の人よりも内部の人の方が、詳しいに決まっています。
だからこそ語ってもらう。そしてデザインとして表現する。

見る人にとって、手に取りとって読みたいのは、当たり前のことしか書いていないものではありません。
そこに読みたいと思わせる何かがあるからです。
アイデアを練るときには、是非自社のスタッフにもスポットを当ててみて何かないかを考えてみてください。


ストーリーを考えることは、自社と向き合うこと

ストーリーを考えろと命じられても、日常の業務でそんなことはしたことがなく、出来ないという方もいらっしゃるかもしれません。
漠然とした想像からは、思い浮かばなくてもテーマを決めて、そこから派生していけば生まれてくるものは必ずあります。
またアイデアは一つでないといけないわけではありません。
複数のアイデアを出すことができれば、アイデアを繋ぎ合わせればいいのです。

またそのお手伝いの為に、弊社のような制作会社は存在します。
制作にお悩みのご担当者様は、是非一度ご相談ください。

イメージしているものを具体化することで新しい発見が見つかるかもしれません。

2016/04/25
薬剤師向け採用パンフレット製作「新卒・中途どちらにも使えるように!」から出来上がったもの。
2016/03/18
石材店のパンフレットを作るときに大切にしたお墓への想いとデザイン
2016/01/10
設備会社の会社案内製作でポイントとした3つの内容とデザイン
2015/12/15
会社案内の制作で期待される「プロの制作物」を形にすること。
2015/02/08
印象が手軽に変わる方法。パンフレットの印刷用紙の種類を変えるということ。
2015/02/02
見た時に「おっ!」と思われるものを作る時のメリット、デメリット
2015/01/26
会社概要しか思い浮かばない。そんな時こそストーリーを描いて会社案内を作ろう。