滋賀県会社案内・パンフレット制作工房

会社案内やパンフレットを制作する場合、弊社がまず考えるのは「何を目的とするか」です。
会社案内ならば取引先拡大の為、「会社としての強みをアピール」することが一つですし、商品のパンフレットならば「その商品がもっと欲しくなるポイント」を伝えられればベストです。
「興味を引くこと」と「見る気になること」はデザイン次第でどうにかなりますが、そこから伝えたい思いを伝えるようにする構成は、そこに文章と写真をはめ込むだけでは、難しい部分です。


弊社では基本として御社へ訪問して打ち合わせを行います。
担当者様としては移動の手間が省けるだけでなく、資料の持ち込みや説明が段違いで行いやすくなります。
口で説明しにくい部分も、「一目見てもらえれば…」となてば、御社での打ち合わせならその場で見ることができます。メールを文章で説明文を考えることもないのです。


制作側としては、沢山の資料や、刺激(現場観察、担当者様以外との会話)があると当然製作時のイメージが行いやすくなります。
また頂いた資料の時には浮かばなかったアイデアも浮かんできやすくなります。
体験するということは、読む以上の情報に触れることができます。より知ることで、何が良くて、伝えるべき要素なのかもより一層わかります。
メールや電話から想像することでは、この体験するという行為以上の情報を得ることは難しいです。


弊社の制作代金はテンプレート型の制作会社様に比べるとやや高いかもしれません。
その為、決まったデザインパターンに文章と写真をはめ込むだけで良いという場合には、弊社はオススメできません。
直接の打ち合わせでご担当者様の手間をとってしまいますし、制作期間も1ヶ月ほどは要してしまいます。(テンプレート型の場合は、デザインを選んで埋め込んでしまえば、すぐに印刷に出すことができます。)
それでもしっかりと打ち合わせを行って、唯一の会社案内・パンフレットを制作したい場合は、ぜひご連絡ください。目的達成に沿った内容を制作いたします。

2017/06/25
薬剤師向け採用パンフレット製作「新卒・中途どちらにも使えるように!」から出来上がったもの。
2017/03/18
石材店のパンフレットを作るときに大切にしたお墓への想いとデザイン
2017/01/10
設備会社の会社案内製作でポイントとした3つの内容とデザイン
2016/12/15
会社案内の制作で期待される「プロの制作物」を形にすること。
2016/07/08
印象が手軽に変わる方法。パンフレットの印刷用紙の種類を変えるということ。
2016/02/02
見た時に「おっ!」と思われるものを作る時のメリット、デメリット
2015/01/26
会社概要しか思い浮かばない。そんな時こそストーリーを描いて会社案内を作ろう。